« 平成30年度 第1回事務会議 | トップページ | 2018年<大忘年会> »

2018年11月15日 (木)

平成30年度 第2回薬剤師会議

気温も低くなりはじめ、もう間もなく冬の訪れとなります。。snow

ご覧のみなさんは体調を崩さずに過ごされてますでしょうかhappy01ear

先日、弊社で定期的に行われる「薬剤師会議」が開かれましたbookpen

Img_5938


今回は「投薬」にフォーカスを当てて、薬剤師が患者の様々なケースからどのような対応が正しいのかという『シーンから学ぶスキルアップ講座』を行いました。

Img_5936

今回の講座で学んだ大事なことは「共感」、受け取る側が思う薬に対しての不安感に対して共感することが大切です。

例えば、高血圧の方に降圧剤が処方されたときに患者側は

 ・本当に効くの?

 ・下がりすぎることはないの?

 ・飲み忘れたときは?

などのそれぞれ不安要素について薬剤師は投薬の中で表情、会話などから共感して安心してもらい、服用させなければなりませんjapanesetea

我々の仕事は薬をお渡しする前に、不安取り除くことも大事なことなので 皆で意識を共有、また再認識できて良かったと思いますbellshine

Img_5926

また、患者様の背景を知らなければ不安要素というのは中々消すことは難しいので、しっかりとコミュニケーションをとりながら聞き出すことが重要で、 薬剤の知識や薬品の最新情報取得(アップデート情報)以外のスキルも大切だと感じましたflair

後半は調剤過誤に対しての意識確認、店舗による発表ですkaraoke

ハインリッヒの法則を用いて、ヒヤリハットの減少が調剤過誤の減少をもたらす。

Img_2249

どのようにヒヤリハットを防ぐのか、さらにはミスが減らされるのかなど各店舗による 対策など発表してもらい、その取り組み・知識などを共有しましたrecycle

今後繁忙期になる冬、今回の得た知識、心得などを活用して 患者様に安心してもらえる薬局づくりを目指していきたいと思いますhappy01scissors

F.Y

« 平成30年度 第1回事務会議 | トップページ | 2018年<大忘年会> »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1965569/74566952

この記事へのトラックバック一覧です: 平成30年度 第2回薬剤師会議:

« 平成30年度 第1回事務会議 | トップページ | 2018年<大忘年会> »

無料ブログはココログ

リンク

  • プラム薬局 公式ホームページ
  • プラム薬局 スタッフブログ